STDの検査

性病検査キットが便利

近年、性病検査の方法は確立されています。エイズなど完治が不可能な病気はありますが、検査方法だけは、しっかりと確立されているのです。性感染症には、いろいろな種類があり、中には症状が似ている病気や自覚症状に乏しい性病もあります。例えば、クラミジアや淋病は、男性の場合は性器からウミが出たり、痛みを伴ったりと症状が似ています。しかし、症状は似ていても原因となる菌やウイルスは異なります。それを性病検査によって、どの性病なのか確定させ、正しい治療を行うわけですが、多くの性病には、潜伏期間があります。感染後すぐに性病検査をしても細菌やウイルスを検出できないこともあるのです。そのため、効果的な性病検査を行うために検査時期に気を使う必要があります。簡単に言えば、検査時期が早すぎるとダメなのです。性病というのは、性器だけでなく、のどにも感染することがあります。そのため、のど性病検査のキットもあるようです。一般的に性病検査は血液検査や粘液や粘膜の培養などを行います。いずれも簡単な検査になります。