性感染症

性病の予防について

性病(STD)の予防法について解説します。性感染症はSTDと表記されることがあります。ここでは、性病とSTDという言葉を区別することなく使用します。近年、日本では性に関する情報がオープンになり、十代の若者にも情報が浸透しています。これにより、早い段階で性行為を体験するなど、昔とは性に関する状況が異なっています。こうした背景からか、若い世代での性病感染が増加傾向にあるようです。少子化で若い世代が減っているにもかかわらず、性病が増えているのです。感染が多いSTDは、クラミジアや淋病などです。なかには、HIVに感染してしまう若者もいるようです。感染に気づかずに、複数の相手と性交渉をするので、さらなるSTDの拡大を引き起こします。こうした感染拡大を予防するには、コンドームの着用を心がけるといったことは、もちろん重要ですが、STDに関する正しい知識というのを持つべきだと思います。知らないうちに性病に感染して、症状がでてから気づいたのでは遅いのです。もし、STDに感染してしまったら、早期発見が大事です。これには、定期的な性病検査が効果的です。以上、性感染症の予防についてでした。