ノドにも性病がうつるって本当?

咽頭に感染する性病について

咽頭に症状がでてしまう性病もありますので、しっかりと検査方法を理解しておきましょう。

 

性病の中でも代表的な淋病やクラミジアなどは喉に症状がでることがあります。
オーラルセックスやディープキスをすることで罹患してしまうのですが、実は喉の場合は検査そのものが即日で結果がだせないのです。
性器周辺に症状がでる性病では、原因菌の特定をするための検査が比較的に楽に行なえます。
対して咽頭の性病では粘膜組織に他の菌が付着していることが多いので、どうしても同じような検査では精度が低くなってしまうのです。
そこで咽頭の性病検査では喉の粘膜を採取した後に、特殊な培養地で原因菌を繁殖させるようにします。
菌が繁殖すれば感染している証拠になるという手法であることから、培養検査と呼ばれています。培養検査は即日で結果が出せないのですが、精度は高いことがメリットです。また、検査そのものが比較的に簡単に行えるのもポイントでしょう。咽頭の性病検査では精度を高めるために一般的な検査とは違って、培養検査と呼ばれるものが用いられています。すぐに結果は出ませんが、確実に判別できる検査方法の1つです。宅配ドクターやSTDチェッカーという性病検査キットの販売サイトでは、咽頭性病が検査できるキットが通販で購入できます。郵送のみで検査が完結するので、とても便利です。性病検査キットは近年になって、販売個数が伸びている分野です。認知度が上がったのが一つの要因でしょう。

 

咽頭性病検査キットの通販