エイズウイルス

HIVウイルスの検査

このページでは、HIVウイルスの検査について説明します。HIVウイルスが発見されてから、30年ほど経ちましたがエイズの特効薬やHIVワクチンは完成していません。HIVウイルスについての研究は進んでいますが、エイズは現代医学では、完治ができない難病なのです。その一方で、HIVウイルス検査は確立されており、保健所や病院、クリニックなど様々な場所で検査を受けることができます。現実は、きちんとHIV検査を受けている人と、検査をしたことがない人と分かれるようです。そのため、HIVウイルスに感染しているにもかかわらず、長い間、放置してしまっている感染者も多いようです。何かのきっかけで感染が発覚するわけですが、効果的な治療のためにも、エイズが発症する前にHIV感染を検査にて発見するのが望ましいです。HIVウイルス検査は、半年に1回受けるなど決めて、定期的に行うのが望ましいでしょう。また、HIV検査を受けるときは、クラミジアや淋病など、他の性病も合わせてチェックするのが望ましいですね。最近は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の検査を受ける方もいるようです。